バートルの空調服は勢いが止まらない!ac1141の魅力とは?

バートルの空調服は勢いが止まらない!ac1141の魅力とは?

作業服51

バートル(BURTLE)のエアクラフトブルゾンの中でも、フルハーネス対応であるAC1141が、発売以来注目を浴びています。とても作業着とは思えないデザイン性と素材感でありながら、その優れた機能性は、建設現場で働く男の憧れと言っても過言ではないでしょう。

品切れ状態が続くことも多いバートルのAC1141の魅力を、余すところなくお伝えします。

そもそも、バートルとは?

作業服55

株式会社バートルは1958年に「クロカメ被服株式会社」としてスタートしていますが、2011年に「株式会社バートル」へと社名を変更しています。

元の社名の「クロカメ」とは、何色にも染まらず、ブレることがない「クロ」と、コツコツ真面目にという意味の「カメ」を合わせたもので、さらに新社名のバートル(BURTLE)は、クロカメを英訳した「BLACK TURTLE」を捩った造語なのです。

こういった社名からもバートルのワークウェアに対するこだわりと姿勢を垣間見ることができるのではないでしょうか。バートルの製品作りにおいての取り組み方はどうでしょうか。そもそもワークウェアとは、機能性を一番に考えて作らなければいけません。

けれども作業服業界では、機能性を強く求めると、デザイン性が疎かになってしまっても仕方がないというような考えかたが先行しがちでした。そんな中でバートルは、機能的な面だけでなく、デザイン的な面でも他社に圧倒的な差を見せつけました。

とくにそのデザインはとてもスタイリッシュで、シルエットも美しく、仕事中でも常にカッコ良くありたいと願う男性だけでなく、女性からも支持されているのです。

AC1141の素材は?

主に綿100%の素材を使用していることもあり、着心地が良いことが特徴です。こういったブルゾンタイプの空調服は今まで、ポリエステルなどの化学繊維中心でしたが、これを綿という天然素材にすることで、着心地の良さや肌触りの良さを実現しています。

別布には綿70%、コーデュラナイロンが30%使用されており、これは高強度コーデュラナイロン素材というもので非常にタフな素材となっています。バートルは、これらを肩や肘などの部分に使用することで、AC1141の強度や耐久性を上げることに成功しています。

また空調服として重要なことですが、生地からの空気漏れを防ぐ為に、目の細かい日本製の高密度リップクロス素材が使用されており、素材へのこだわり、そして的確にそれぞれの素材を配置していることが窺えます。

機能性は?

まず左袖や両胸にはペンさしやペンポケットなど、仕事に必要な筆記具を収納できるスペースが確保されていて、ファスナー式のポケットが採用されています。これは、高所での作業時に危険な「ポケットからモノを落下させる」という心配をなくし、しっかりと仕事に集中できる仕様になっています。

また、両肩にハーネスフックハンガーが付いていますが、これは収納が可能になっています。そして背中にはランヤード取り付け口もあり、高所作業時に適した本格的な機能が充実しているのもポイントです。さすがair craft最強のプロフェッショナルモデルと言われるだけのことはあります。

また、空調服としての機能性も抜群で、炎天下での作業でも快適に進めることができます。

デザイン性は?

耐久性や機能性だけでなく、アウトドアやタウンユースでも通用するデザイン性の高さも人気のひとつです。けれども本当に注目すべきは空調服としての使用時のデザインではないでしょうか。普通に着用するぶんには他の空調服も、それなりにどれもコンパクトなシルエットを保っているのですが、ファンのスイッチを入れるとたちまち空調服自体が膨らんで、風船のようになってしまいます。

けれども、このAC1141の場合は膨らみすぎないデザインで、意外なほどスッキリしているのです。まるで空調服のスイッチを入れていないかのようにコンパクトなので、試してみたいけれどファンを入れるのは少し恥ずかしいという人でも、気にせず着用ができるデザインになっています。

また、サイズ展開もS〜5Lと豊富で、ユニセックスタイプの為、AC1141は男性からだけでなく、女性にも実は人気があります。

バートルのホームページなどでカタログを見ると、女性のモデルさんがバートルのワークウェアを着用しているのですが、その写真がとてもカッコ良いので、現場で頑張る女性に支持されるというのも分かります。性別に関係なく、誰が着用してもオシャレで、こなれた感じに見えるのが、バートルのAC1141の魅力と言えるでしょう。

大阪でバートルの空調服を調達する際に知っておきたいポイント

空調服としての使い易さは?

作業服57

空調服として使用するには、ファンとファンケーブル、ファンフィルターとリチウムイオンバッテリーなどが必要です。また、充電式になっているので、充電器も揃えておきましょう。AC1141には、バッテリー収納ポケットが右側に付いていて、マジックテープ止めになっています。

そして左側の内ポケットもバッテリーポケットが配置されており、こちらはファスナー仕様になっています。このように2箇所にバッテリーを入れることができるので、利き手や用途によって使い分けても良いですが、長時間の作業の場合は予備バッテリーを入れておくということもできます。

その他にも調整式のエアダクトが付いていたり、コードホールやコードループを配置することで、コードが邪魔になりにくく設計されています。細部に渡って工夫されたデザインは特許を出願しており、空調服としての製品に対するバートルの自信の高さを窺い知ることができます。

そういったこだわりが、空調服としての機能をさらにアップさせているのです。

雨の日でも大活躍!バートルの空調服が信頼される理由に迫ります!

カラーは選べるの?コーディネートは?

カラー展開は、カーキ、シルバー、ネイビーの3色展開になっています。カーキはワイルドなイメージで、ネイビーは知的なイメージなど、着用しているカラーが違うだけで随分と印象が変わってきます。また空調服として使用する際のファンの色もカラーが選べるので、AC1141と組み合わせてコーディネートを楽しめるのも、バートルの空調服の利点です。

目立たずスッキリ着用したいなら同系色のファンを合わせても良いですが、例えばネイビーのAC1141に、メタリックレッドのファンというような、全く違ったカラーの組み合わせもオシャレで人気があります。

バートルのワークウェアへのこだわり

バートルの空調服AC1141の魅力は、本格的でプロも驚くほどの機能を満載しているというだけではありません。痒いところに手が届くような細部へのこだわりや、スタイリッシュなデザイン、また空調服とファンとのコーディネートなど、様々な魅力があります。

そんなバートルのAC1141を一度着用すると、もう手放せなくなってしまうことは間違いないでしょう。